2007年1月 3日 (水)

SFCへの道程 ~第一回修行~

3日からいよいよSFCへの修行開始です。
私は、東京在住なので、有名な大島、八丈島ぐるぐる修行をメインにSFCを取得することにしております。

本日の修行ルートは、

  • NH841 HND(8:20) → OIM(8:55)
  • HN842 OIM(9:25) → HND(9:55)
  • HN823 HND(10:30) → HAC(11:20)
  • HN850 HAC(11:55) → OIM(12:35)
  • HN849 OIM(14:30) → HAC(15:05)
  • HN826 HAC(16:10) → HND(16:55)

と6レグ、ルート切符を2組組み合わせて朝に大島を往復、その後八丈島、大島と回ってくるルートです。
本当は、このルートは大島についてから2時間ほど中途半端に時間があいてしまい、非効率なのですが、正月期間はリピート4回が使えない為、 リピート4回とルート切符を使った効率的に5レグを回るルートが使えないので、 このルート切符2枚で一気に6レグしてしまうルートで修行開始です。

久々に羽田に早朝に行って、昨年修行で使ったP1駐車場の回数券があまっているので、JAL側のP1に車を入れます。 どうやら羽田の駐車場はP1からP5まであるのですが、全て違う会社の運営のようで、 日帰り駐車券などは購入した駐車場でしか使用できません。共通化してもらいたいとも思うのですが、難しいのでしょう。

いつもどおり、AMEX定食で朝食を取り、連絡バスで2タミに向かいます。
実はANAはほとんど搭乗経験が無く、初の2タミです。
カードラウンジの場所を探すのも一苦労でした。

まずは、SKIPがどうやら離島便は使えないようなのでまず航空券の発券と6レグのチェックインです。
カウンターでやってもらうのですが、去年修行慣れしてしまっている為か、もはや恥ずかしさも何もありません。
ただ、どうやっても大島→羽田分のチェックインがシステム上、出来ないらしく大島でやって欲しいとのこと。
まあ、修行僧向けにはシステム対応なんてするわけないので、仕方ないでしょう。
但し、842便から823便への羽田での乗り継ぎは機材も違い時間が無いので、間違いなく乗り継ぎ情報を入れてもらうことに。

そしてなんとか大島便に乗りこみ、いよいよ2007年の修行開始です。
本日は天候も悪く、あまり景色は良くありません。
同じプロペラなのですが、離島便なので、但馬便と比べると少しドキドキ感が無いかなーというのが、印象です。
大島へは30分程度で到着です。
熱海からフェリーで行くのに比べるとやはり近いですね。

 

大島

 

その後は、 羽田で出来なかった分のチェックインをしてもらい羽田へとんぼ返りです。
羽田に着くと、CAから呼び出しが。
八丈島へ乗り継ぐ方はグランドホステスに申し出て欲しいとの事。
どうやら時間が迫っているので、グランドホステスが案内してくれるらしいです。
いわゆる護送です。初回の修行から体験してしまいました。
今回の護送方式は、一般の乗客と同じバスに乗せられ、一般客をおろした後に、バスラウンジまで個別に送っていただく方式。 私以外にも一人いましたが、この方は修行僧なのかどうかの判別は出来ませんでしたw

その後は、八丈島へ出発です。八丈島からはドルフィンジェットと言われているボーイング機です。
ジェット機ですが、100人程度しか乗れない小型機です。

 

八丈島

 

大島へ乗り継ぎ、食堂で昼食をとりながら時間つぶし。
やはり、この6レグはちょっと時間が空いてしまい辛いです。
また八丈島、大島間はほとんど乗客もいなく、この便大丈夫かしらと思ってしまいます。
なんとか、羽田に帰ると17時を過ぎています。
正月を過ぎたらこのルートは少し考えなければなと思います。
一日6レグで時間がかかるので疲労感が強いです。
本当は、次回の修行は翌日にしていたのですが、さすがに1日あけることにしようと思いました。

 

 

人気blogランキング
〈ランキングサイトに登録しました。記事を見て気に入っていただけましたら、 アイコンをクリックお願いします。〉

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

JGCカードが届きました

JGCカードがついに届きました。 
この一年の成果なので、非常に感無量です。
これで、サクララウンジデビューも出来ます。

 

JGCカード

 

ここで、サファイア達成後の道程をまとめて見ます。
前提として、私は申請時にJAL CARD SUICA CLUB-A の既存会員で、JAL GLOBAL CLUBカードへの変更を依頼し、東京在住です。

11月24日 50回搭乗達成
11月26日 Webに50回搭乗が反映、日曜なのでデスクへの電話は断念
11月27日 朝JGCデスクにJGCカードの切替を依頼、至急申込書を送ってもらうように依頼
11月28日 夜自宅へソクハイ3時間便で申込書が到着
11月29日 朝地元のポストへ申込書を投函(12月6日搭乗予定なので12月5日到着希望と別紙に書いた)
12月01日 夕方JGCデスクより連絡、到着希望日の12月5日は不可で12月8日発送になるとの事
12月06日 秋田便に搭乗、Web上のアイコンがJGCへ変更、夜ソクハイ3時間便でWelcomeキットが届く
12月08日 12月6日搭乗分にJGC会員ボーナス(3,000マイル)が加算
12月09日 カード到着

申請から手元に届くまでに約2週間という感じでした。
でも、申請書の送付にソクハイ便を使ってくれたり、発行希望に間に合わない旨、連絡を入れてくれたり、偶然かもしれませんが、 搭乗予定日に会員にしてくれて入会ボーナスをくれたりと、至れり尽くせりの満足いく対応でした。

これから、上級会員に恥じない、マナーを守った振る舞いをしていきたいと思います。

 

 

人気blogランキング
〈ランキングサイトに登録しました。記事を見て気に入っていただけましたら、 アイコンをクリックお願いします。〉

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月23日 (木)

JGCへの道程 ~第六回(最終)修行~

さて、前日福岡便の遅延で帰宅は1時になっていましたが、二日連続の修行のため、本日も5時起床で羽田に向かいます。
昨日9レグ出来て、本日の余計な5レグもキャンセルの目処も立っているので、但馬にさえいければ良いという状況で、非常に気楽です。

一応予定は、下記の9レグですが、

  • JAL1501 HND(6:30) → ITM(7:40)
  • JAC2321 ITM(8:30) → TJH(9:10)
  • JAC2322 TJH(9:35) → ITM(10:10)
  • JAL1510 ITM(11:30) → HND(12:35)
  • JAL1517 HND(14:30) → ITM(15:40)
  • JAC2057 ITM(16:45) → FUK(18:05)
  • JAC3657 FUK(18:35) → KOJ(19:20)
  • JAC3660 KOJ(19:55) → FUK(20:40)
  • JAL1738 FUK(21:10) → HND(22:40)

午後の1517便からは無償キャンセルできる状況です。

で、本日の目玉は、朝の1501便が国際線機材ということ。
しかもシェルフラットシート便です。
座席表を見て、クラスJのキャンセル待ちを速攻入れましたが、種別がまだ Bの為、結局取れませんでした。
残念。
でも、エコノミー座席でもマジックもあり久々に楽しめました。
マジックがエコノミーにも搭載されている機材に乗ったのは、学生時代のロンドン便以来だからもう8年ぐらい前の話です。

伊丹に到着すると但馬便は天候調査もなく、出発可能との事。
おそらく、修行を考えなければ、生涯乗ることのなかった但馬線ですので、ちょっと感慨深かったです。
但馬空港も非常にローカルですが、暖かい感じの空港でした。
今度は修行じゃなく、プライベートで温泉にでも、ぜひ行ってみようと思います。

但馬空港

で、最後の但馬線に乗ります。

JAC

帰りの便でCAさんに「往復の登場ありがとうございます」と言われて、ちょっと照れくさかったけれど、素直にうれしかったです。

羽田に戻り、残りの5レグをキャンセルしてもらい、本日で48回搭乗。
明日大阪出張で目標達成です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月22日 (水)

JGCへの道程 ~第五回修行~ その3

疲労困憊の中、自宅に帰るべく本日9レグ目の福岡~羽田の搭乗ゲートに行くと、ゲートに人だかりが。
一人しかいない地上職員に100人以上が詰め寄っている状況です。
いやーな予感がするので、遠くからその様子を見守っていると、どうやら21:10発の1738便は機材が大幅に遅れる見込みで、 最終の便の方が早く出発するので、その振替処理を行っているらしい。
でも、地上職員も一人しかおらず、100人以上が詰め寄っている状態なので、ここはあきらめて待つことに。
修行中なので、そんな詰め寄ってもしょうがないです。
飛ばないなら、それはそれで仕方がないような心境でした。

その後、地上職員が増員されるも、混乱状態は大きくなり、怒号が飛ぶ状況に。
こうなってくると、もうどうにもならないのでしょう。
どうやら、1738便は沖縄経由で向かっているらしいのですが、沖縄地方の雷雨により何時に着くか分からない状況との事。
その間にも、帰りのタクシーの要求とかホテルの要求とかの怒声が飛び、収拾がついていませんでした。
でも、結局アナウンスで、羽田についてからタクシーなどの手続き書類は出すとの事。

結局1時間程度の遅れで機材も到着し、上手くクラスJの空席待ちにも入れてもらい(私は便の振替より、 クラスJへの振替に熱心でしたw)、快適に羽田までフライト出来ました。しかも、クラスJの隣は空けてくれていたので、ほんとに広々でした。

ちなみに、帰りのタクシー代は、機内で交通費請求書を配布してもらって、 公共交通機関がない場合にはこれでタクシー代請求できるみたいです。航空会社も大変ですね。

で、ふと、帰りの機内で頭をよぎった作戦が。
明日の修行を同じ9レグやるとつらいので、午後の九州めぐりは半額キャンセル代払ってでもキャンセルしようと思ったのですが、 この遅延を理由に手数料なしのキャンセルが出来ないかどうかということです。
そうすれば、本日の搭乗で44レグ達成。明日修行で但馬詣でで4レグ、金曜に出張で2レグで、合計50回搭乗になり、 サファイア達成のJGC確定です。しかも無駄はないです。
まあ、明日の但馬便が飛ばなければ意味はないし、ダメもとで羽田で地上職員に聞いてみると、しばらくもめてましたが、OKとのこと。
しかも、明日の直前までにキャンセルの電話を入れれば良い様にしてもらって、 本日のところは手数料がかからないフラグを明日の全便に投入してもらいました。
非常にラッキーです。

帰りは羽田を出たのはもう24時になっていました。
疲れましたが、どうやら本日9レグ出来たので、明日の朝一に起きれさえすればゴールが見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JGCへの道程 ~第五回修行~ その2

午前の修行が終わったので、とりあえずはAMEX定食を食べてお休みします。
だいぶ最近毎週食べているので、そろそろこの定食も飽きてきてしまいました(笑)。
タダなので、文句は言えませんが。

で、本日二度目の羽田から伊丹への出発です。
これぞ、修行ならではでしょう。
その前に、もう一回窓口に行って乗り継ぎ情報登録してもらいました。
今回も3区間しか記録できないって言われてしまいました。
どうやら、これは無理なようなです。
鹿児島で福岡便と羽田便の2回を登録してもらうことにします。

伊丹から福岡へはまたまたJACのお世話になります。
伊丹、福岡間って羽田、伊丹間に比べて飛行機の本数も少ないんですが、あまり需要がないのでしょうか?それとも皆さん新幹線乗るのかな?

プロペラ

なんか、ようやくこういうプロペラ機も愛着がわいてきました。
慣れてくると楽しいですよね。
福岡まで快適にフライトすることが出来ました。

福岡につくと乗り継ぎ登録をしていただけあって、地上職員の方が出迎えてくださり、次の鹿児島便のゲートまで誘導してくれます。 折り返しだったら完全に修行ですが、羽田、伊丹、福岡、鹿児島の3区間しか登録してないから、修行には見えてないかもしれません。

次の鹿児島便も同じ機材、同じ乗務員でした。
おそらく次の福岡への折り返し便も同じでしょう。
で、鹿児島までのフライト。
さすがに外はもう真っ暗です。
話によると鹿児島空港は桜島を始めとする景色が非常にきれいらしく、楽しみにしていたんですが、当然のように何も見えません。 鹿児島空港についても、お土産をちょっと買ったらもう出発の時間です。
鹿児島空港はとても広い空港で、非常に良さそうです。
噂によると空港の外には足湯もあるとの事です。
今度プライベートな純粋な旅行で来てみようと思いました。屋久島にもついでに行ってみたいです。

鹿児島から福岡への折り返し便に乗ると、どうやら違う機材のようです。
乗務員も変わっています。
福岡へは遅延もなく到着です。
ここまでで合計8レグ。
正直もうかなり疲労困憊で、明日の修行どうしようかなと少し考えたりしています。

福岡空港で乗り換えの為、地上職員に声をかけて、乗り継ぎ扱いにしてもらい、帰りの羽田便をクラスJに変えてもらうべく、 キャンセル待ちを入れてもらい、羽田行きのゲートへ向かいます。
すると、ゲートの前に人だかりが。

 

次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JGCへの道程 ~第五回修行~ その1

本日は、バーゲンフェアーを使っての修行です。
修行ももう五回目となります。
(ブログのタイトルで第四回修行が欠番となっているのは、別にうっかりしているわけではなく、 出張ついでに但馬に行って来た分が第四回の修行だからです)
しかも、今日は9レグの予定。かなりのハードスケジュールです。

今日のルートは、

  • JAL1501 HND(6:30) → ITM(7:40)
  • JAC2321 ITM(8:30) → TJH(9:10)
  • JAC2322 TJH(9:35) → ITM(10:10)
  • JAL1510 ITM(11:30) → HND(12:35)
  • JAL1517 HND(14:30) → ITM(15:40)
  • JAC2057 ITM(16:45) → FUK(18:05)
  • JAC3657 FUK(18:35) → KOJ(19:20)
  • JAC3660 KOJ(19:55) → FUK(20:40)
  • JAL1738 FUK(21:10) → HND(22:40)

と、午前中はいつもの但馬参り。午後はまた羽田に戻って伊丹から、福岡、鹿児島、 福岡と行って羽田に帰ってくるあまり面白くないルート設定です。
本当はもう少し面白いルートをとも思ったのですが、この予約をした9月の時点ではあまりまだ研究してなく、 良い修行ルートを知らなかったのと、11月だと南の方が北に比べて雪で欠航のリスクが少ないだろうと思い、 こんなルートにしてしまっています。
ちなみに、翌日も全く同じ予約を取っています。
しかも、但馬便以外は全部バーゲンフェアーで予約しておりますが、先得割引でも値段がほとんど変わらなかった便もあり、 500マイルもらえるなら先得割引で取れば良かったと後で気がついたりしてしまいました。

何はともあれ、いつもどおり始発の伊丹行きから修行開始です。
朝5時前に起床し、車で羽田空港へ。
P1駐車場に車を入れます。
家から羽田までこの時間だと20分程度なので、ほんとに便利です。

今回はさすがに、特に午後の乗り継ぎが時間がないので、乗り継ぎ登録をしてもらいにカウンターへ。
地上職員の方には修行をしていると明らかにバレるのですが、今日のルートを言って登録をしてもらいます。
ついでにJACの但馬便も発券してチェックインしてもらうことに。
しかし、今回対応していただいた地上職員の方はあまりシステムが詳しくなかったようで、JACの但馬便のチェックインも、 3区間以上の乗り継ぎ登録もシステムで出来ませんでした。噂だと両方とも出来るとの事だったのですが、ガセなのかどうなのか。 JALは窓口の地上職員の方のオペレーションスキルでかなり回答に差があるような気がするのですが、ここでは気にしないことにしましょう。

羽田

で、いつもどおり羽田から出発です。
JAL1501便は特に何もなく到着。
平日の始発便ですので、やはりすいています。

伊丹について、但馬便のゲートに行くと今回も天候調査中との事。
修行で今日はどうしても9レグ飛んでしまいたいので、なんとしても飛んで欲しいものです。
定刻の8:30になっても、天候調査は変わらず、8:45にようやく伊丹引き返しの条件付飛行で飛ぶとの事。
で、ここで少し地上職員の方に色々質問してみました。

  1. 仮に条件付飛行だったらその便と折り返しの但馬便はキャンセルできるのか?
  2. その後の後続の九州へのフライトもキャンセルできるのか?

地上職員の方曰く、1は間違いなく出来るとの事。2は考え込んでしまってましたが、場合によるようなことを言っていました。 ということは、今回は但馬に飛びますが、もし今後の修行中で条件付飛行が出た場合、 現在予定している55フライトのうち50回オーバーする分は手数料なしでキャンセルしてもらえるって事??
いろんな考えが、浮かんできました。
明日の修行で但馬に条件付飛行が出たら、残りはキャンセルしてしまおうかしら。

まあ、そんな馬鹿なことを考えながら、但馬へ。
霧も晴れていて、無事に但馬へ到着。
帰りも少し遅れましたが、スムーズに伊丹へ戻れました。
で私はそのまま羽田へ戻ります。
午前の部がようやく終了です。
正直、かなりの疲労です。

ちょっと長くなってきたので、次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

最終修行前夜

22日・23日と最後のJGC修行をします。
バーゲンフェアーを利用した9レグ×2日の合計18レグを予定しています。

でも一つだけ問題が。

JAL_20061123

9月にバーゲンフェアーを予約したときと比べて、仕事の状況が変わり、思ったよりも出張が増えてしまい、現在搭乗回数は35回。 18レグしたら、53回になってしまいます。しかも、24日も出張で大阪へ行くことが確定しています。今週中にJGC入会の条件である、 50回搭乗をクリアーできることは良いのですが、55回になってしまうので、金欠状態だし修行の5レグはキャンセルしてしまうかもしれません。80回のプレミアまでは11月も終わりかけていることを考えると、ちょっと遠いですしね。

でも、キャンセル料はもったいない。
そんなことを悩みながらの修行となる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

出張ついでの但馬修行

大阪出張が入り、15日・16日と大阪に行ってきました。
JGCを目指している私は、大阪出張でも当然のように飛行機で行きます。
本当は新幹線の方が、楽なのですが。

で、16日に午後早くに仕事が終わった為、この前欠航になって仮予約を入れておいた、但馬線を夕方に変更して、 修行することにしました。
実は、最近出張が立て込んでいて、この但馬線の航空券は1ヶ月引っ張るだけ引っ張って、 最後は手数料かからず返金してもらおうと思っていたのですが、

  1. 来週の18レグの修行が、天候+仕事で最後までどうなるか分からない
  2. 元は10月に特割28で取った航空券なので、 ひょっとして11月に変更すると先得割引扱いになって500マイルキャンペーン加算されるかもしれない

という、安易な理由で時間があるうちに行ってしまう事にしました。

伊丹夕暮れ

夕方の伊丹空港は非常にきれいです。
小型機だと滑走路に下りれるので、気分良いですね。
見た感じ、平日の但馬線は、ビジネスマン7割という感じで、おそらくですが修行僧は私だけだったと思います。
かくゆう私もスーツ姿だったので、修行僧には見えなかったかもしれません(CAさんにはばれていたと思いますが)。

で、最後は羽田に21時前に到着です。
AMEX定食は残念ながら、21時までだったので、食べれませんでした。

実は、明日からまた仕事で大阪です。
明日はHYATTに泊まって、Faster Free Nightsのポイント稼ぎをしようと思ってます。
そのレポはまた後日書きます。

今回の出張+修行ルート:

  • JAL1527 HND(18:30) → ITM(19:40) 出張
  • JAC2323 ITM(17:00) → TJH(17:40) 修行
  • JAC2324 TJH(18:05) → ITM(19:40) 修行
  • JAL1516 ITM(19:30) → HND(20:35) 出張

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

JGCへの道程 ~第三回修行~

少し間が空いてしまいましたが、、第三回修行でした。

今日のルートは、

  • JAL1501 HND(6:30) → ITM(7:40)
  • JAC2321 ITM(8:30) → TJH(9:10)
  • JAC2322 TJH(9:35) → ITM(10:10)
  • JAL1510 ITM(11:30) → HND(12:35)

と、性懲りもなく、羽田発の但馬往復です。

本日の心配事は、日本全国風が強いこと。
羽田伊丹間は問題ないでしょうが、但馬線が今日も飛ばないと、もう11月ということもあり、週末の予定も埋まってきてしまっているので、 非常に痛い事になります。

で、ドキドキしながら、伊丹まで行って見ると、本日は天候調査も入っていません。

機体は非常に揺れましたが、無事定刻どおり但馬に着きました。

但馬に着くと、雨も降っており、山の中なので、寒いです。
最初は、外に出て、色々写真でも撮ろうと思ったのですが、そんな気も起こらず、空港の中のコウノトリを撮影。

コウノトリ

特に意味はありません。

前にも書きましたが、但馬空港非常にアットホームな感じです。
テイクオフの時には整備だけでなく、地上職員まで滑走路に出て手を振ってくれるし、警備に当っている警察官も非常にフレンドリーです。
でも、但馬空港一日二便しかないのですが、みなさん、それ以外の時間はどうしているのでしょうか?
伊丹からだけでなく、他の空港からも増便されると良いのですが。

で、伊丹に戻り、ラウンジオーサカでインターネットをしたりしながら時間を潰し、羽田に戻りました。
本日はB777-200でも非常に関東の辺りでは揺れがすごく、千葉方面を旋回しながら羽田に入っていました。
いつもと少し違ったルートのような感じでした。

本日で、計29レグ達成。後は来週予定されている出張と、22日・23日に修行を予定しているので、そこでサファイア達成の予定です。
でも、22日・23日は一日それぞれ9レグ。合計18レグ予定入れてるんです。
体力が持つかどうかが心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月11日 (土)

明日は久しぶりに修行に出ます

明日は久しぶりに修行に出ます。

ルートは懲りずに、羽田から但馬へ4レグです。

実はこの修行もほぼ今月中に終わる予定です。
バーゲンフェアー期間での修行+出張でなんとか終了の目処は立っているんです。

ただし、問題は天候次第ということ。
明日は北風が強いみたいです。
但馬に無事たどり着けますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧